草食男子は結婚に向いている!?

仕事も家事も二人で分担していける草食男子

草食系男子は女性にアプローチすることが苦手です。だから結婚どころか、女性と恋愛関係になるのもなかなか難しいわけですが、結婚相手としては意外と良い条件がそろっているのではないでしょうか。

 

まず、草食男子はもともと女性にガツガツしていませんから、結婚したらあまり浮気などということは考えないタイプが多いでしょう。結婚相手の女性は浮気の心配をしなくてもよく、心の平安が得られるはずです。

 

女性が仕事をすることを普通のことと捉えているので、家事の分担は当たり前ですし、一通りのことは自分でできます。料理や洗濯などの家事が割と好きな草食系男性はたくさんいます。

 

「俺についてこい」的な化石系肉食男子の場合、奥さんは家に居て家事一切をやってもらい、自分は仕事に専念したいという人もいるでしょうが、草食男子は仕事に対してそこまで野心を持っていません。

 

もちろんまじめに責任を果たしますが、出世したいとか、独立開業してビッグになりたいとまでは思っていない人が多いでしょう。

 

ふたりでゆるく働いて、そこそこ中流の暮らしができればよいと考えています。このご時世、会社に何があるかわかりませんから、二人で働いていた方がどちらか一方がリストラにあったり会社が倒産しても当面暮らしていくのには困りません。二人で働いて、二人で家事をするというスタイルが草食男子にとってはちょうどいい状態なのです。

草食男子は結婚しても働きたい女性にとっては良い相手ではないでしょうか。

 

子どもの世話、ママ友づきあいも器用にこなせる素質あり

また、草食男子は子供の世話をするのが得意かもしれません。お母さん的な役割も上手にこなせてしまうでしょう。近頃だっこひもに子供を入れて歩いているお父さんを見かけますが、そういう姿が似合うのが草食男子の特徴のひとつです。

 

幼稚園などでママたちの中に入っても何となく溶け込んでしまう雰囲気もあります。子育ての話やスイーツの話など、一般的に男性が混ざりにくい話題をしている輪の中に居ても、浮かない人が多いでしょう。草食男子は積極的に話をリードするわけではありませんが、温和な雰囲気を醸し出して何となく溶け込んでいる、女性の中に一人だけ男性が混ざっていても違和感や緊張を感じさせないという特徴があります。

 

女性の気持ちを理解することもできるし、男性側からの意見を求められれば答えることもできるので、ママたちの人気者となる素質を持っています。男くささが前面に出ていないので、気楽に付き合えて安心できる存在です。

 

主夫に向いているひとも多い

家の中でできる趣味を持っている人も多いですから、主夫にも向いているかもしれません。音楽や映画を楽しんだり、創作したりして退屈せずに過ごすことができるでしょう。また、家でできる仕事を持っていれば、家で作業しながら家事をすることも苦にならないかもしれません。

 

恋愛に積極的になれない草食男子。ですが、結婚生活という面で向き不向きを考えてみると、かなり結婚生活に向いている人種ではないかと思われます。共働きが当たり前になってきた現代では出世欲や性欲の強い肉食男子より草食男子の方が時代のニーズに合っているのかもしれません。

Comments are closed.