草食系男子が増えたと言われる理由?

草食系男子が増えたと、メディアでよく言われている現状ですが、実際にはそうではないという意見も良く見かけます。
まずやはり女性自身が積極的になって来ているため、男性ばかりが積極的に女性に向かって行かなくても良くなったということがあります。
そのため男性としては決して草食系だと思っていなくても、ガツガツしている女性から見ると草食系のように見えてしまうというのがあるのかもしれません。

また、女性に興味がないのではなく、好きな女性と平和に過ごしたいと考える男性が目立ってきただけという意見もあります。
好きな女性に対しては積極的になるけれど、他の女性には特に興味もなければ普通に優しく接するだけというタイプの男性です。
それがその男性が好きな女性以外には恋愛に積極的でなく草食系であると思われてしまう所以なのかもしれません。

バブル世代と呼ばれる世代のような金銭感覚とは違った金銭感覚になっているため、若い人には草食系男子が増えたと、年上の男性女性から思われてしまっているという見方もあります。
今の時代は堅実に働いてお金をためるのが比較的普通の考え方となって来ています。
ですがバブルを知っている世代の人は、自分が若い頃はもっと女性ともたくさん遊んだりお金を使ったりした思い出があるためそう見えてしまうのでしょう。
この堅実さは女性関係にも表れていて、好きな人と平穏な日々を過ごして幸せな家庭を築きたいという考えに至るのかもしれません。
もちろんバブル世代も、今の若い世代もどちらが良い悪いということではなく、価値観の違いが生まれているということです。

そして何より、草食系男子が増えたという女性はそれほど魅力的でない女性だという見方をする人もいます。
これはとても深い考え方で、正しいか正しくないかというのははっきりとは言えないところです。
ですが言っていることはもっともなのです。
素敵な女性には男性が寄ってきたりアプローチするのは当然なので、草食系男子が増えたなどと思うことはないのです。
ですが自身に魅力がない、魅力を発揮しようと努力していない女性のもとへは男性はアプローチしてきてくれませんので、結果として「恋愛に積極的でない、草食系男子が増えた」と言うわけなのです。
言われてみればなるほど、と感じる人も多いかと思います。

そうした見方をする一部分の女性の意見が世間全体の意見のように取り上げられて、草食系男子が増えたように思われているだけなのかもしれませんね。

Comments are closed.