草食男子向け、気になる女子の射止め方

■雑談力で女の子との距離を縮めよう

女性同士で話しているのを聞いていると、あっちこっちに話題がそれたり、結論の出ない話を延々と続けていたりします。肉食男子なら結局何が言いたいんだろうと首をひねりたくなるところですが、こういった女性の話にもついていける素質を持つのが草食系の特徴と言えるでしょう。

 

まず、今どきの草食男子はおしゃれや流行にも敏感ですから、女性が好むおしゃれの話やおいしいお店などの話題にも乗っていくことができます。

 

積極的に話をリードするのが苦手でも雑談トークなら気負う必要はありません。面白い話をしなくても、持論を展開しなくてもよいのが雑談のいいところ。むしろ女の子の興味のあることを聞き出して楽しそうに聞いてあげれば話しやすい人だなと思ってもらえます。

 

■まめなメールで好意を示してみましょう

面と向かって好意を示すのが苦手な草食系男子。何とも思っていない女性なら普通に話せるのに、好きな女性だと目をそらしてしまったり、物理的距離を縮めることができない、いわゆる、「好き避け」の状態に陥ってしまう人もいるでしょう。

 

そんな男性が無理なく好意を伝えられるのがメールです。今日あった面白い出来事など、何気ないメールを送るだけでも好意に気づいてくれる女子もいますが、できれば「○○ちゃんといるととても楽しい」「また会いたいです」くらいは表現できると伝わりやすいでしょう。

 

また、自分からメールを送るのも大切ですが、相手からのメールの返信に気を使うのはもっと大事かもしれません。

メールの内容をきちんと読んでいるのが伝わる返事をしないと、ちゃんと聞いて(読んで)もらった感がありません。

 

「ヒルズのパンケーキ食べたよ、並んだけどおいしかった」というメールに「へーそうなんだ、ところで、僕はきょうおいしいラーメン食べたんだ。それで云々」など、結局自分の話にすり替えられてしまうと、女性はもやもやとしてしまうものです。

それから、メールで話した内容はしっかり覚えておきましょう。なにかのときにメールで話した彼女の好みなどを話題に出すと、「ちゃんと覚えていてくれたんだ」と思わせることができて、好意が伝わりやすくなるはずです。

 

■空気を読むのが得意な草食系の特長を生かしてアピール

時には空気をよみすぎて、恋愛関係までなかなかすすむことができない草食男子。しかし、その相手の気持ちを尊重するやさしさを生かして女性との距離を縮めることもできるはずです。

 

女性は共感を求める生き物です。自分の感じていること、好きなことに共感してくれる人には大抵好意を抱きます。男性側もいいなと思う女性には大抵フィーリングが合う部分を見出しているはず。そこを上手に表現して精神的距離を縮めていきたいものです。

 

草食男子を好きになる女性は案外多いもの。でも、気持ちを探る期間が長すぎて関係が発展しないという悩みを彼女たちは持っています。女性から積極的にアプローチしてくれる場面も多くなってきましたが、是非付き合いたいという相手がいる場合は、少しの勇気を出して気持ちを表現してみることも必要です。時には当たって砕けろの精神も必要なのかもしれません。

Comments are closed.