バイアグラ常備で自信をつけよう

草食男子が女性に積極的になれないのは、振られるのが怖い、嫌がられるのではないか、自分を好きになってくれるはずがない、などという思いがあるのではないのでしょうか。こういった理由をまとめると、結局のところ自分に自信がないからともいえます。

見た目がカッコいい、ファッションセンスもいい、人に慕われるような性格で、仕事もできる男なら、少なくとも自分に自信があるのではないでしょうか。また、セックス経験が豊富で女性を満足させられるという自信があれば、女性に積極的になれるはずです。また、話術にも自信があれば、初対面でも気になる女性なら積極的に話しかけることも難しいことではないでしょう。ここまで完璧な男性は多くありませんが、仮にこのような人がいたとして、その人が草食男子ということはまず考えられません。あるとすれば、本当に女性に興味がない人だけです。

つまり、草食男子がパートナーを見つけるためには、自分にもっと自信を持つことが大切になります。自分に自信がないから「自分なんて」と悲観的になりますし、真っ先に振られる心配をしてしまうのです。

30代を過ぎたら、EDも自信喪失の原因に

誰にでも人に誇れるような取り柄はあるものです。それを自分の長所として伸ばしていくことで、自信が出てきて女性にも積極的になれるでしょう。また、これまでは自分に自信がなくても、一生懸命努力することでいろいろと自信がついてくることもあります。草食男子はそういった努力をすることで、女性にも積極的にいけるようになります。

ただ、どうしても避けられないのが老化です。いくら見た目をカッコよくしたい、と思ってもシワやたるみ、薄毛や白髪になってしまうケースも少なくありません。そうなると肝心の見た目で自信喪失してしまいます。そしてそういった見た目だけでなく、精力のほうも減退してしまうことがあります。つまり、EDになってしまうケースもあるということです。

EDは日常生活を送る上ではなんの支障もありませんが、セックスの場面では非常に困りものです。もし、草食男子にもかかわらず、積極的に女性にアプローチをして、いざベッドに…となった時に、勃起しないのではせっかくのチャンスが台無しです。そしてその時だけならまだしも、そういう経験をしてしまうと、さらに自分に自信がなくなり、より女性に消極的になってしまうこともあります。場合によってはそれがトラウマとなってしまうこともあるでしょう。

元々性欲が少ない草食男子。バイアグラは常備しよう

草食男子は肉食男子に比べると性欲が少ないといわれます。それはすなわちEDになりやすいともいえるのです。EDになるのは仕方がないとしても、やはりいざという時はしっかりセックスできるようにしないといけません。そのためには、バイアグラなどのED治療薬を常備することも大切です。

ED治療薬には副作用もありますし、併用が禁止されている薬もあります。そしてED治療薬に対して世間では、“危険”というイメージを持っている方もいます。ですが、実際は用法・用量を守れば問題ありませんし、仮に副作用が出ても重篤な症状を引き起こすことは稀です。仮にセックスをしなかったとしても、デートの前などにED治療薬を飲んでおくと安心です。

Comments are closed.