断食男子に向く職業

モテないわけではないのに、女性との交際や結婚に興味が無く、する気もない断食男子ですが、どのような職業に向いているのでしょうか?
まずは、職業別に断食男子の割合を見てみると、農林水産業従事が約40%、SE・プログラマーが約30%、建設・工事従事が約20%となっています。
この結果から、ひとつの共通点として、職場内の女性の割合が低いということがあります。
断食男子には、女性と友達になるのはいいけれども、交際や結婚はしたくないというタイプと、女性とできるだけ関わりたくないというタイプがいます。
職場内の女性の割合が高いと、どうしても職場内の付き合いがあり、場合によっては、飲み会などもあります。
飲み会の場合、女性の会費が男性よりも安いことも多いのですが、女性とできるだけ関わりたくないタイプの断食男子の中には、そのことに納得がいかないという人もいますし、男女何人かで遊びに行く時でも、男性陣が多めに支払ったり、おごったりすることがもったいないと感じる人もいます。
このように、女性と関わることで、時間とお金を使ってしまうことがイヤなタイプの場合は、女性が少ない職場で働くことで、充実した生活を送れるということになります。

また、断食男子は自分の世界観を持っている人が多いので、職場内で他の人とのやり取りが多い職業よりも、自分の仕事に集中できる職業の方が向いていると言えます。
SE・プログラマーは、グループでの業務もありますが、開発の作業に入ると、自分の仕事に没頭できるので、断食男子に向いている職業ということになります。
しかし、断食男子の中には、女性とできるだけ関わりたくないだけで、男性と遊ぶことは好きという人もいます。
そのような人の場合は、農林水産業や建設・工事の仕事が向いていると言えます。
これらの職業は、女性の割合が少なく、同じ会社の人とのやり取りが重要になりますので、男同士で仲良くなり、遊びに行く機会も多くなりますし、職場の仲間と仲良くなれば、業務の効率も上がります。

女性と友達になるのはいいけれども、交際や結婚はしたくないというタイプの方については、向いている職業が難しいのですが、一番良いのは既婚者が多い職場ということになります。
例えば、スーパーやコンビニの店長やSVなどであれば、従業員が既婚者のパートである率が高いので、女性と接することはあるけれども、交際や結婚に発展する可能性は、非常に低くなります。
ただし、どのようなタイプであっても、やりたい仕事をすることが最も重要ですので、自分がやりたい職業に就いた上で、断りたいことは断るという姿勢の方が良いかもしれません。

Comments are closed.