断食男子とは

肉食系男子の対義語は、草食系男子ということになります。
しかしもっと厳密に見ていった場合、肉食系男子の対義語は、断食男子ではないでしょうか?

肉食系男子は、恋愛に対して積極的な姿勢を持っている男性のことを指します。

草食系男子は、恋愛に対してそう積極的でなく、消極的な男性のことを指します。

しかし草食系男子は、消極的であっても、全く恋愛のことについて、興味を持っていないというわけではありません。
もし女子の方からアプローチがあれば、恋愛関係になってもいいと思っている男性が多いです。

断食男子というのは、恋愛というもの自体に全く興味を持っていない男性のことを指します。
自分の人生の中で、女性がなくても別に不満がないという人が多い傾向にあります。

ここで勘違いをしてほしくないのは、男性の方が好きとか、女性に対して苦手意識とか嫌悪感を持っているというわけでもありません。

例えば、女子とデートをするよりもずっと、男友達とつるんでいる方が楽しいと言った男性は、断食男子の可能性があります。

また好きな女性タレントを聞いても、「わからない」と答えてしまう特徴もあります。
何か没頭できる趣味があって、女性なしでも全く気にならないという人も多いです。
またものすごく個性的な世界観を持っていて、他人をなかなか寄せ付けることができない傾向もあります。

もう一つ勘違いしないでいただきたいのが、『断食男子=モテないではない』ということです。
もともと女子に相手にされない男子の場合、「断食」というよりも言葉が多少悪いですが「乞食」と言ってしまった方が良いでしょう。
断食男子は女性と付き合おうと思えば付き合うことができるポテンシャルを持っているにもかかわらず、女子や恋愛に興味を持てない人を指します。

ちなみに「ラマダン系男子」という言葉が紹介されることもあるかもしれません。
このラマダン系男子も、基本的な傾向は断食男子と同じということになります。

断食男子は、すべての人間の持っている欲望から解放されてしまっている人も多いです。
ですから、悟りの境地に達しているといってもいいでしょう。
女性なしということが、普通の男性は苦痛であることがやはり多いと思います。
しかし女性がいないことが、別に苦でもなんでもないのです。

むしろ女性なしでも、十分に自分の人生を謳歌することができている所が、断食男子の強みということができるでしょう。

Comments are closed.