ギャップ萌えのパワーを倍化させるロールキャベツ男子の演出

野菜系男子の中でも異色の存在と言えるのがロールキャベツ男子です。そもそも人にはいろいろな性格がありますから、草食と肉食どちらかといったように単純に二分化することは難しいものです。表面的な印象と、実際の中身の部分は全く違うなんてことは普通にあります。

 

そこでロールキャベツ男子という分類の登場です。草食の優しい雰囲気を持ちながら、グイグイ引っ張る肉食的な要素も持ち合わせています。ロールキャベツ男子が恋愛をうまく進めるためにはどうすればいいのかについてご紹介していきます。

 

 

■女性を油断させる特性を持つ

可愛い見た目の小動物でも、種類によっては意外と獰猛なんてことは良くあることです。ペットショップなどで撫でようとして、いきなり威嚇されてびっくりするなんて経験ありませんか?ロールキャベツ男子も、外見と内面のギャップに驚かされることはしばしばあります。

優しくフェミニンな印象でありながら、いざ二人きりになると男性的な力強さが表に出てきたりします。安心していたところで、急に男らしくなるグイグイ引っ張られてしまうため、女性はギャップを感じて思わずコロっといってしまうこともあります。

 

 

■ロールキャベツの武器はギャップ

油断をさせといてここぞという時に勝負に出るという特徴を持つロールキャベツ男子。恋愛においてその特性は「ギャップ」という武器になります。

優しさというのは、頼りないというマイナスイメージも伴うものです。しかし、ここぞという時に男らしさを発揮できれば「いざという時には頼りになる」と思われるでしょう。外見などからマイナスポイントに振れていた印象も、突然の反作用によって強烈なプラスイメージを植え付けることができるのです。

「大人しいから安全だろうな」合コンの時にそう思っていた男子と、気が付いたら二人きりの朝を迎えている。そんな女性は少なくありません。ロールキャベツ男子の持つ強烈なギャップ萌えは女性にとって思わずコロっといってしまう要素なのです。

 

 

■ギャップを活かす恋愛テクニック

ギャップは強烈な武器。意識をしなくても勝手に発動するものですが、せっかくなら意識して使っておきましょう。恋愛テクニックと組み合わせることで、ギャップ萌えのパワーを倍増させることができます。ここぞという時に利用すれば、意中の女性を99%口説き落とす、なんてこともできます。

 

 

■イベントや記念日を積極的につくってみる

ギャップのパワーを活かすために、プレミア感を利用してみましょう。たとえばイベントや記念日など、二人だけの特別な時間を作るのです。内容は何でも良くて、友達同士なら「友人になった記念」とか、「ランチデートした記念」なんて些細なもので構いません。自分にとって、意中の女性がスペシャルであるということを伝えられればどんな方法でもいいのです。それを積み上げていき、「今日は記念日だからデートしよう」なんてグイグイ誘ってしまってください。

相手は大人しい草食系としか思っていませんから、初めのうちは「優しい人、ロマンチストな人」くらいの印象しかないでしょう。しかし実際のところは、後々引っ張るための口実作りなのです。大人しい顔をして演出という罠を仕掛けていけば、ギャップも自然に受け入れられることでしょう。

Comments are closed.