草食男子のための「頷くだけ」恋愛術

草食男子ほとんどの方が「会話が苦手」であるといえます。大人しくて女性に対して積極的になれない、まるで草食動物のような存在。打っても響かない、自分から打ってもこないわけですから、女性も恋愛対象として見るのは難しいものですよね。

それはわかっていても、話せないのが草食男子。自分から話さなくても、女性の好感度を上げる方法はないものか……実はあります。言葉をほとんど発することなく、ただ頷いているだけで親密になれるテクニックは存在するのです。

 

 

■会話が苦手な草食男子

草食男子といえども、恋愛に興味がないわけではありません。ただちょっと消極的で会話が苦手、つまりオクテであるだけなのです。しかし周りから見れば「女性に興味がないのかな」と思われても仕方がないのも事実です。積極的に会話をしないのですから、良くて友人止まりで終わってしまうのが草食男子の現実となっています。

積極的に会話ができないという特性は草食男子の恋愛を阻む大きな障害となっているのです。

 

 

■苦手なら聞き上手になってしまえばいい!

いっそ自分から話すことができないならば、聞き上手になってみるというのはどうでしょうか。実は女性というのは「自分の話を聞いてほしい」と常に思っています。ガールズトークという会が最近は流行っていますが、彼女らの話す内容は本当に取り留めなく、男性からすると「オチのない会話」でしかありません。なので「女と話すのは疲れる」なんて男子もけっこういます。

しかし女性は、同性だけでなく異性にもそのオチのない話を聞いてもらいたいと思っています。とはいえ「取り留めのない話は聞いてもらえない」とわかっていますから、ガールズトークに終始しているのです。

そこで草食男子の特権である安全パイを発動させてみましょう。女性的には草食君は「男の中でも女に近い存在」と思っていますから、オチのない会話もできるのでは?と期待しています。その需要に応えてあげれば評価はあがりますし、親密になることもできてしまうのです。

 

 

■頷きや相槌だけでも女性は満足できる

女性が語る取り留めのない話というのは、本当に内容が無かったりオチが無くて、正直聞くのも辛いと思うかもしれません。しかし先述しましたが、女の人はただ「聞いてもらいたい」というだけなのです。ですから「うんうん」「そうだね」「へー」といった相槌だけでも、大人しく聞いてくれさえすれば満足します。

むしろ、下手に持論を展開したり、説教臭い話をしたりしてしまうのはNGです。女性はあくまでも自分から話すことを楽しんでいるだけであって、そこに意見を求めているわけではないからです。女性が安心して話すことができる草食男子という特権を活かして、とにかく聞き役に徹しましょう。

 

 

■イイ人がモテないというのは嘘

良く「イイ人だとは思うけど恋愛対象ではない」という話を聞きます。確かに、都合がイイだけでは女性は恋愛感情を抱くことはないでしょう。しかし、聞き上手というのはただのイイ人ではありません。いつ、いかなる時でも聞き役に徹することができれば、女性の意識の中で「話を聞いてくれる人」から「私を肯定してくれる存在」とランクアップしていくのです。中途半端な聞き上手は恋愛対象にはなれません。徹底的に聞き役に徹し、意中の女性の想いをすべて受け止められるような特別な存在になりましょう。

Comments are closed.