あなたは起業できる?

「マネーの虎」を見ていたら起業したくなってしまった…そんな方も多いのではありませんか?

そして、自分が起業して成功できるのかが気になっている…という方もいらっしゃるでしょう。

 

そこで、ここでは起業に向いているのは、どんな人なのかを考えてみたいと思います。

 

◆起業に向いているのはどんな人?

まず、起業して成功するための絶対的な条件としてあげられるのが、「自分で考えて行動できること」です。

サラリーマンであれば、指示を受けて仕事をするというスタイルが一般的になります。

 

ですが、自分で起業してビジネスをするとなれば自分でその時に必要な行動を考えて自ら動かなければなりません。

自分がどうするべきなのか、どんな風に動くべきなのかがわからないという方の場合、起業に向いているとは言えないかもしれません。

 

また、次のポイントとしてしっかりとした責任感を持って行動することができる、という点です。

組織の中で仕事をするのであれば、もし何かの失敗をしてしまったとしても、すべて自分で責任を負わなければならないわけではありません。ちょっとしたミスであれば、自分にはほとんどダメージがないというケースもあるでしょう。

 

ですが、自分で起業し、ビジネスをする場合は自分ですべての責任を負わなければならないのです。もしかすると、ちょっとしたミスが命取りになってしまうかもしれません。

 

自分で責任を持って仕事をするのが苦手だ、あるいは嫌だ、という方は起業には向いていないかもしれません。

 

◆起業に必要な資金はどのくらい?

では、起業するにはどのくらいの資金が必要なのでしょう?

 

この点に関してはそのビジネスによって大きく変わってきます。たとえば、ネットビジネスなどの場合、資本金はゼロであっても起業することは可能です。

逆に、飲食店などでの起業を考えているのであれば店舗取得費などでかなりのコストがかかることになります。

 

なので、自分が用意することのできる資本金によって可能なビジネスの幅は決まってくると言えるでしょう。

 

ですが、資本金に余裕があるからといって、開業時にあまりお金をかけすぎるのはよくありません。

どんなビジネスにも共通して言えるのですが、お金をかければかならず大きな利益をえられるというわけではないのです。それどころか、最初の段階でお金を使いすぎてしまうと、それだけ利益を出しても回収することが難しくなるのです。

まして、借金をしてビジネスをはじめる場合、スタートの時点でマイナスになってしまいますので、利益を出すのはさらに難しくなってしまいますし、失敗してしまった場合のリスクも大きなものとなります。それを考えてできるだけスタート時に使うお金を抑えることも大切なポイントです。

 

ただし、飲食店などの立地が特に重要なビジネスの場合、開業時にある程度のお金をつかわなければ、そもそも「商売のできる場所」での開業ができないというケースもあります。

これも考えた上で、バランス良くお金を使うことが求められます。

 

 

起業する上でのポイントの一部をご紹介してみましたが、いかがだったでしょうか?あなたも起業することができそうですか?

もし、起業に挑戦したいと考えているのであれば、ここでご紹介したことを頭の片隅に入れておいていただけると幸いです。

Comments are closed.