ノーマネーなのに成功者に

「マネーの虎」の番組内でまっさきに注目される志願者と言えば、やはりマネーを成立させた方でしょう。

ですが、実は番組ではマネー不成立になったものの、のちに成功したという方も少なくありません。

 

ここで大切なのは「マネーの虎」という番組への出演は、「これもチャンスの1つにすぎない」という考え方です。

これは私生活においてもとても大切なことです。人によっては1度チャンスを逃してしまうとその時点で諦めてしまうこともあるでしょう。

ですが、前向きに進んで行けばチャンスは何度でもやってきます。恋愛だって同じです。その時は想いが成就することはなくても、数ヶ月後にチャンスが巡ってくるかもしれません。

 

もし、再びチャンスが巡ってきたとしても、その時点で諦めていてはそれに気づくことすらできないかもしれません。

そこで、ここでは「ノーマネー」後に成功した方の例をチェックしながら、「諦めずに前向きに進むこと」について考えてみましょう。

 

◆ノーマネーでフィニッシュです…そこから立ち上がった男

スポーツストレッチ…近年ではマスコミなどで取り上げられる機会も多いことから、気になっている方も多いのではないでしょうか?もしかすると、実際に通っているという方もいらっしゃるかもしれません。

そんなスポーツストレッチブームの火付け役となった専門店「スリーエス」を立ち上げた兼子ただし社長も、実は過去に「マネーの虎」に出演し、ノーマネーとなっていました。

 

彼は番組内でも、スポーツストレッチの魅力を見事にプレゼンし、さらには肩こりに悩んでいるという虎の一人に実演までして見せました。

興味を持った社長も多く、「マネー成立か?」と思われましたが、最終的には立地などの計画が甘いという指摘を受け、ノーマネーに終わってしまいました。

 

ですが、彼はここで諦めませんでした。その後も地道にスポーツストレッチトレーナーを続けながら技術を磨き、現在では全国に専門店を9店舗も展開し、成功を手にしています。

 

ここで、彼が成功できた理由はこの番組に出演し、ノーマネーで終わってしまったものの、自分が信じる「スポーツストレッチ」を捨てなかったことでしょう。むしろ、さらに磨きをかけたのです。これによって、広く認められるようになりました。

 

◆番組での経験から「信頼」を大切に

ブライダル司会業を行なっている男性が、「ブライダルプロデューサー育成学校」を設立したい、として番組に出演したことがありました。

残念ながら、彼は司会業ならではのあまりに饒舌すぎてしまい、逆に虎たちの信用を得ることができずに、ノーマネーで終わりました。

 

その後、彼はこの番組での経験を生かして「信頼」を重要視して営業を続けます。こうしてコツコツと歩んでいったことによって、現在では人気ブライダル司会者として大成功しました。

彼の番組出演時の目的であった「ブライダルプロデューサー育成学校」も設立し、現在でも沖縄県で経営しています。

 

彼がこうして大きな成功を手にすることができた理由は、ノーマネーに終わったものの、番組での経験をしっかりと活かすことができたというものでしょう。

 

 

こうしてチェックしてみると、一度の失敗で諦めてしまうべきではない…それを理解していただけるでしょう。

Comments are closed.