虎は虎!失敗を乗り越えた成功者たち

現在はかなりの額を稼ぐことができていても、誰もが常に成功し続けることができるわけではありません。

もしかすると、一年後には大きな負債を抱えることになるかもしれません。また、逆に現在は成功者でも、少し前までは借金まみれだったかもしれません。

 

これは「マネーの虎」と呼ばれていた社長だって例外ではありません。むしろ、現在でも当時の状況を維持できている人の方が少ないのです。

 

中にはこの10年間で一度どん底まで落ちてしまい、そこから這い上がってふたたび成功者となっている社長もいます。

 

ここではそんな元虎に注目してみましょう。

 

一夜にして負債額が50億に?南原竜樹社長が復活できた理由

レギュラー出演者ではなかったものの、出演回数が多く、また冷静に志願者を分析し、鋭い指摘を投げかけることから「冷徹なる虎」と呼ばれていた南原竜樹社長。とてもインパクトの強い虎の一人ですので、よく覚えているという方も多いのではないでしょうか?

 

当時はオートトレーディングルフトジャパン株式会社社長として、輸入車販売で大きな成功をおさめていました。

ですが、番組終了の翌年、イギリスの大手自動車メーカーのMGローバーが破綻してしまいます。当時、南原社長は日本での正規輸入・販売を行うため、大量に同社の在庫を抱えていました。これがそのまま負債となってしまいます。

その額はなんと50億円と言われています。

 

つまり、文字通り一夜にして、年商数十億から負債50億に転落してしまったのです。

 

あなたがこんな状況に陥ってしまったらどうしますか?絶望し、何もできなくなってしまうかもしれません。

ですが、南原社長は諦めませんでした。一旦、会社の所有する財産をすべて売却し、負債を清算します。

さらに、ほぼホームレス同様の生活をおくりながら、人材派遣業や出版社、レンタカー事業などを行なって、大復活を遂げました。

現在では「マネーの虎」に出演していた当時よりも稼いでいると言われています。

 

南原社長はどうしてこの状況から復活できたのでしょう?その理由は、やはり状況を冷静に判断し、復活に向けてすぐに動き出すことができたからでしょう。やはり、そこでも「冷徹なる虎」だったのです。

 

全店閉店しても倒産はしない!守るべきものは守るという信念

南原社長と並んで、名物社長として人気を集めてきた株式会社「なんでんかんでんフーズ」の川原ひろし社長。「マネーの虎」出演当時は大人気のラーメン屋「なんでんかんでん」の大ヒットで年商は数億円と言われていました。1店のラーメン屋としては驚異的な売り上げです。

ですが、その後全国への店舗展開に失敗してしまい、2012年には本店まで閉店することになってしまいます。

さらに、2015年には全店舗が閉店し「なんでんかんでん」は消滅してしまうことになりました。

 

ですが、それでも川原社長は企業としての「なんでんかんでん」を潰すことはありませんでした。

一度立てた旗は折らない…その信念から、彼はさまざまな活動を開始します。残念ながら、2016年現在では当時ほどの成功を手にすることができているわけではありません。

しかし、復活に向けて着実に進めています。

 

やはり、川原社長は失敗しても「虎」でした。

 

このように、時代の変化によって「マネーの虎」と呼ばれた社長たちが苦境に立たされることもあったのです。

Comments are closed.